災害に備えろ(命令)

いいか!何度でも言うぞ!自分の身は自分で守れ!
って事で今回はブランケット。
重たくなくてあったかくて、何にでも使えるブランケットをパパッと検索してみた。
夏のブランケットは宝島社の冷感ブランケットで決まりなんですが冬はどうしても嵩張る。
サバイバーな気持ちをいつまでも持ち続ける私にとって、重さと嵩は敵である。軽くしたい。
オールウエザーブランケットというやつか、層になってるアルミブランケットが良さそう。
しかし多分これらはもふもふではない。(片面もふもふはあったけどアルミ面を上にするのでもふもふが上から触れない) 当たり前だが。雨には強そうなんだけどね。ディズニーランドのパレード待機にはうってつけなんだけどね。
傘があれば雨は事足りる。
雨天時にディズニーランドにいて地震が起きて一晩過ごすところまで考えたけど、ブランケットではないアルミシートが活躍してくれるだろう。コンパクトだしね。
そんなわけで、とりあえずあったかくて軽い、という機能のみに着目してみる。あと寒いと精神的に不安定になるので、もふもふを触ることによって安心感を得るという目的に絞る。最近冬場のパニックは出なくなりつつあるけど、ある日突然ぶり返したりするんだよ。雨の日の古傷みたいにな。なのでもふもふはとても大事。もふもふであれば素材は拘らない。
100均に行ったところ、思いのほかブランケットが多く売られていた。しかし軽量に重きをおきたいので、もこもこで嵩張るのは除外する。
フリースのブランケット…。
フリースのブランケットはとっても薄くて軽そうだな…。でも薄すぎて寒いんじゃないの?
っていうわけで、家にあったフリースのブランケットを膝にかけてみた。
うーん。すごいあったかいわけではないが、じんわりあったかい気がする。つまり使えないわけではない。
使えるとも言ってないが、親が勝手に買ったディズニーストアのブランケットなので、少なくとも安物ではないことは確かだが、古いブランケットなので、最新のフリースブランケットはもう少しあったかいかもしれない。
丸めて見るとコンパクトで大変良い。
もうフリースのでいいんじゃね?それか最終手段で天使の以下略ブランケット。私は宝島社が好きだ。

というわけで、フリースのブランケットあたりが持ち歩きに良さそう。旅行時のバスとか、万が一も兼ねて。まあ外出るときはあったかい格好してると思うから…ブランケットいるのか?という疑問もあったりするけど、ディズニーランドの冬は寒いのでそれを考えると全然有りな気がしてくる。
ディズニーランド行くみたいな感じで呟いてるけど、別に行く予定はない。脳内ではいつも旅行してる。

防寒具をコンパクトにして持ち歩くとか動く要塞感あってめっちゃカッコいい。御老人も防災バッグつくってくれ。老人しかいないど田舎で老人達が避難所来てみろ。備品足りねえってなるんだよ。だから用意しとけ。こんなところで呟いてもしょうがないんだけど、自己満足ブログだからええんや。

お金出せばすごいやついっぱいあるんだけどね。
普段使いを考えるとね…。
今度また100均行ったらブランケット新調しよう。